トップ過去ログこのサイトについて
1305629

Sandy Bridge Core i7-2600K ベンチマークとか

[PC&Digital] at 2011/01/13 20:53:17. / コメント(0)
 予告通り Sandy Bridge を入手しましたので、今まで使用していた Q9650 と早速比較してみました。(画像は左から、今回購入したものの一部、Windows7 のエクスペリエンスインデックス、CrystalMark の結果となっています)
 といっても旧メインマシンと新メインマシンは、VGA カードとサウンドカード、それに電源以外はすべて入れ替えているので、単純に CPU の比較というわけではなく、現行でそこそこのマシンを組むとこんな感じ、というような視点で見ていただければと思います。

 今回も消費電力の測定には、前回同様 APC 社の UPS RS1200(http://www.apc.com/products/resource/include/techspec_index.cfm?base_sku=BR1200LCD%2DJP&total_watts=200)を、コア温度測定には HWMonitor(http://www.cpuid.com/hwmonitor.php)を使用しています。
 またベンチマークは、ベースクロック 100MHz、Turbo Boost 時の最大倍率を x45 にして計測しています。

<旧メインマシンと新メインマシンの構成比較>
Motherboard : ASUS BLITZ EXTREME(P35) ASUS P8P67 DELUXE(P67)
CPU : Intel Core2Quad Q9650(3GHz) Intel Core i7-2600K(3.4GHz)
CPU Cooler : Scythe Andy Samurai Master + ENERMAX CLUSTER UCCL12 Scythe KABUTO + ENERMAX CLUSTER UCCL12
Memory : DDR3-1333 1GB×4 DDR3-1600 4GB×4
SSD : Intel X25-M SSD G2 80GB(の PQI OEM 版) Crucial RealSSD C300 128GB
HDD : Seagate ST3320613AS(320GB/7200rpm) WesternDigial WD5001AALS

-変更されていない部分-
Case : Antec SOLO Black
DVD : PIONEER DVR-216
VGA : MSI R5770 Hawk(ATI RADEON 5770)
Sound : Ego Systems MAYA44e
Power Supply : Seasonic SS-650KM
※ 各種ケースファンも変更していませんので、吸排気に関する性能は全く一緒です。

<ベンチマーク> ※括弧内はベンチマーク実行中の最大コア温度と最大消費電力
SuperPI 1677万桁 : 7分50秒 3分32秒(49度/114W)
3DMark06 : 15,313 18,491(67度/207W)
FINAL FANTASY XI : 残ってませんでした… 11081-H(54度/139W)、12264-L(54度/136W)
MONSTER HUNTER FRONTIER ONLINE(1280x720) : 14,181 15,152(53度/181W)
タイムリープ ぶーとべんち(デフォルト設定、フルスクリーン) : 104FPS 189FPS(56度/186W)
A列車で行こう9 Viewer : 44.2FPS、41.0FPS、41.8FPS、37.3FPS 47.4FPS、42.3FPS、43.7FPS、39.8FPS(61度/171W)

<アイドル時の消費電力比較>
100W 68~76W ※あまり安定せず、ふらふらしていました

 興味深いのは、A列車で行こう9 Viewer において FPS 値が最大3 FPS 程度上がっていることです。A列車で行こう9 Viewer はほとんど CPU を使用しないベンチマーク(ベンチマーク中でもずっと 1.6GHz で稼働、起動時のデータロードが CPU にとっては一番重く、最大コア温度の61度も起動時に記録したもの)なのですが、このあたりから I/O 性能も順当に向上していることがわかります。
 またアイドル時の消費電力もかなり下がっていて、省電力性能もかなり向上しているといえるでしょう。その反面、3DMark06 実行中で 201W だったものが 207W(※) になるなど、高負荷時には多少消費電力が上がるようですが、どちらもともに瞬間的に、というレベルなので、あまり気にはしていません。
※ この値は CPU TEST の途中に記録したもので、それ以外はほとんど 160W 後半の値、テストによっては 180W 程度となるくらいでしたので、ゲーム系ベンチマークの結果とほぼ同じ、といえるでしょう。

 ところで Core i7-980X と比較しても Core i7-2600K は圧倒的だったりします。これはそもそも Turbo Boost 時の上限が全然違うからで、980X では 3.6GHz までしか上がらないからです。
 実際 Super PI では i7-2600K が3分32秒であるのに対して i7-980X は5分02秒でした。あくまでテストした限りの範囲ではありますが、Core i7-980X を今新たに購入するよりは、Core i7-2600 や 2600K などを購入した方が圧倒的にコストパフォーマンスがよいという結論になると思います。(後日時間があれば、定格 3.4GHz 駆動での比較も試してみたいなと…)

 というわけで噂には聞いていましたが、Sandy Bridge のポテンシャルは非常に高いことがわかりました。
 今年後半には LGA1366 の後継といわれる LGA2011 のコンシューマー向けハイエンド Sandy Bridge-E もリリースされるので、こちらも非常に期待できそうな予感です。

あけました

[Dairy] at 2011/01/01 16:23:35. / コメント(0)
 と書きながら、なんとなく新年という気持ちがないのは、やっぱり昨日も仕事だったからでしょうかね(笑) 初詣とか二年参りとか行くことが出来ればちょっとは気分も違ったのかもしれませんけれども…

 以下、今年の直近(Q1)の個人的なイベントごとをつらつらと書いていきます。


2011/01/08 23:00 SS|EX NITE(http://ss-ex.net/)
 一年以上ぶりに開催される SS|EX は特別編ということで、メンバーは違えど相変わらずおもしろいラインナップではないでしょうか。
 興味のある方も無い方も是非。規模は小さいですが、ハチロク、クンロク、ロクゼロあたりが楽しかった、という人には間違いなくオススメ出来ると思いますよ!

2011/01/09 Intel Sandy Bridge 発売
 上の NITE が終わったら、そのまま秋葉原で Intel の Sandy Bridge こと新しい Core i7 を購入する予定です。こちらはデスクトップのメインマシン向け。

2011/01/末 サーバーマシン移行
 Debian 6.0 のリリース状況によりますが、現在使用中の自作 Atom マシンから ProLiant MicroServer に移行する予定です。
 多少不安定だったのが改善されれば良いなあ。

2011/02/上旬 au IS04 発売
 一応すでに予約済みですが、この頃には Gingerbread 世代の Android 端末の確定情報も出てくるでしょうから、それ次第というところでしょうか…
 あとはモバイルSuicaとnanacoの対応状況次第。nanacoはシールを貼る(http://www.softbankbb.co.jp/ja/news/press/2010/20101227_01/)っていう手もあるんですけど、このシール、結構なお値段なんですよね。

2011/02/末? ノート用 Sandy Bridge / Huron River 発売
 あくまで予測ですが、これくらいにはメインストリーム(デュアルコア)レベルのノートに搭載されるのではないかなと。
 IGP(チップセット内蔵グラフィックスプロセッサ)の性能が、比較的マシなレベルまで向上するそうなので期待しています。

2011/03/20 上板フェスタ6 開催予定
 突如現れる、日本最大級(で良いですよね)の Dance Dance Revolution のお祭りが、なんと約6年ぶりに開催される予定のようです。
 2005年開催時は朝霞市産業文化センターのホールを借りて行うという暴挙を見せたこのお祭り、今年はゲームセンターの一部をお借りして開催される予定ですが、非常に楽しみであります。


 これ以外にも仕事で2月から4月までオフィスをふらふらしなければならない予定なので、なんか色々頑張ります。はい。

 そんなわけで、本年もひとつ宜しくお願いいたしますm(_ _)m
 皆様にとって今年一年が良い年となりますように!

ナビゲーションバー