福島麺の旅

20041017-kitakata_station.jpg

※ エントリ投稿日は意図的に旅行の日にしています
 喜多方ラーメンを食べに、会社のF先輩と福島まで行ってきました。この前の週夜勤が一緒で、そこで決定したくらいの適当っぷりなので、なんだかんだで福島を結構ぐるっと回るルートになってしまってましたが、最後まで楽しめました。
 ルートとしては那須で蕎麦を食べ、喜多方でラーメンを食べ、途中ふらふらしながら最後は東京に戻ってあぶらー亭(桜上水)で〆る、という流れだけを決めてゴー。
 F先輩の家に向かう途中の西船橋で、「誰か駅員を呼んでください」という声が聞こえたり(呼びに行って案内しただけなので、なんだったのかは謎)しつつも、特に大きなトラブル無く出発。
 のどかな風景を横目に那須の庄屋萬五郎というお店でしゃもそば(1,900円とバブリー)をいただく。濃い醤油のスープなので嫌う人も多いかと思いますが、(この後喜多方ラーメンなのにも関わらず)スープも結構いってしまいました^^;
 そしてさらに北上、喜多方ラーメンで有名なあべ食堂へ意気揚々と向かうも15分前に時間切れ。(午後3時までの営業) 大人二人がしょんぼりとしながらも入った別のラーメン屋が結構当たり(庄屋萬五郎よりもさらに濃いので、人によっては受け付けない可能性あり)で、さすが本場などと思いつつ撤収。
 帰りの道でなぜかどんどんと西へ流されつつも、渓谷の絶景を見ながら南下。途中塩原温泉(と書くと流されっぷりがよく分かるかも^^;;)で温泉に浸かり、さらに南下して再び東京へ戻ってきました。
 行き当たりばったりで行った割には(というかいつものことなんですけど)なかなか良い日帰り旅行でした。
 しかし濃い醤油2連発はさすがに考えモノだったかなー、なんて(笑)

“福島麺の旅” に対するコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください