五鍵盤20周年

 音ゲーの歴史の中で大きな転換点とも言える五鍵盤の稼働開始から20年が経過するのに合わせて、それを祝うべく12月9日と12月10日に有志によるイベントが開催されました。
 12月9日はクローズドなクラブイベントですので多くは語れませんが、五鍵盤のみならず、古参音ゲーマーならば非常に楽しむことが出来たイベントだったのだと思います。
 一方、翌12月10日の TWO DECADES OF 5KEYS はベルサール西新宿のホールを貸し切って行われた完全オープンなイベントかつ参加費用も無料というもので、現地参加者250名以上、YouTube Live 視聴者最大750名以上という大変な盛り上がりを見せたのでした。(アーカイブはこちら
 いずれのイベントも微力ながら、前者は撮影スタッフ、後者は YouTube Live 配信スタッフとして協力させていただきました。

 というわけで YouTube Live 配信についてなんですが、やっぱり今回もうまくいかないところがありまして、一発勝負の厳しさを痛感した次第です。配線図(物好きな方は右にあるサムネイルをクリックまたはタップで大きなサイズで表示されます)についてはもう多く語らないこととして、このエントリーは今後の自分の備忘録もかねて、そういった反省点について書き綴っていきます。
 うまくいかなかった点は大きく以下の三つがあります。
  • 配信開始直後のボリューム調整がうまくいっていなかった
  • YouTube Live 側の映像がやや右にずれていた
  • 映像が時折乱れていた
  •  まず配信開始直後のボリューム調整ですが、今回エキシビションマッチの入場のためにビデオカメラを使うということが計画されていたため、これを使って会場の音声も配信に乗せたらいいんじゃないかと思い、ビデオカメラの HDMI 出力を LiveWedge(HDMI ビデオミキサー) に、同じくビデオカメラの音声出力を R-16(オーディオミキサー) にそれぞれ接続していたのですが、LiveWedge 側にも HDMI 入力と 2ch アナログ入力のためのオーディオミキサーがあり、こちらの音声ボリュームを下げ忘れていたために、結果としてビデオカメラで拾っていた音がかなりのボリュームで流れてしまっていたわけです。
     YouTube Live 側の映像がやや右にずれているのは、現地のプロジェクターに16:9の映像を入れたときオーバースキャンとなっていたことで左側が見切れてしまっていたことと、シンプルな HDMI からアナログ RGB へのコンバーターを利用したことでそれを吸収することが出来なかったため、現地での見栄えを優先したためです。このせいで当日 k-two 先生には、プレゼンテーションのレイアウト調整や動画再生などでご迷惑をおかけすることになってしまいました。
     映像が乱れていた点はさらに細かく分けると2つあり、まず配信に乗っていない部分では、当初筐体の真後ろにノートパソコンがあり、そこから LiveWedge まで HDMI ケーブルを配線していたのですが、これが長すぎたことが要因でした。これは高田馬場ミカド様の店員であり、今回筐体の貸出も含めて多大なるご協力をいただいた八丁堀さんに 15m の RGB ケーブルをお借りすることで解消したのですが、もう一つ、おそらく ROOTY HD SP4R2 の分配でアナログ RGB へのコンバーターを含めた何かが要因となり、ごくまれに表示が消えてしまうという現象が発生してしまっていました。
     会場での準備時間の短さや、開催時間が長丁場ということもあり、当日これらの問題に遭遇してしまうのは致し方ないのですが、もう少しうまいやり方ができたらよかったなあと反省した次第です。

     五鍵盤20周年という大きな節目を迎えたことで、おそらくこれで自分自身がこういった配信や会場での中継に直接携わることは、ほぼ終了するのではないかと思います。
     しかしながら2018年は「このゲームは足を使います」のゲームが20周年を迎えますので、そちらも何かあれば機材提供などのお手伝いはさせていただくかもしれません。

     そういうわけで2017年はここまで。また来年もよろしくお願いいたします。

    ZenFone 4 Pro購入

    ZenFone 4 Pro 去年の夏からHTC10(HTV32)を使用していたのですが、今現在遊んでいるゲームが主にデレステとミリシタという、3D性能が必要なものなので、バッテリーの減りやらパフォーマンスやらでちょっと不満を感じていたところで、待望のハイエンドSIMフリー端末が発売、ということで早速発売日当日に購入しました。
     当初ムーンライトホワイトを予約していたのですが一週間ほど前にムーンライトホワイトのみ発売未定となり、前日まで様子を見ていたものの、海外でもムーンライトホワイトは発売していないようだったので、さっくり予約をキャンセルしてピュアブラックを購入しました。

     およそ二週間ほど使用してみての感想としては、やはり5.5インチは大きいと思えるものの、左右は狭くなっているので、そこまで持ちにくいとは思いません。HTC10の不満点のひとつだったバッテリーの減りについては、一日普通に使っても、帰宅時点で60%程度残っているという優秀さであるため、かなり満足しています。またもうひとつのパフォーマンスについても、デレステとミリシタに関しては標準画質60FPSでサクサク快適に動くようになり満足しています。(デレステの3DリッチはMVモードでしか使っていないので分かりませんが、Twitterでの評判を見る限り問題ないようです) 価格比較サイトでは値段設定せいか非常に酷評されていますが、個人的には別に高いとは思っていません。ただmicroSDを使っている関係上、内蔵メモリー容量128GBを使い切らないのは事実なので、64GBモデルが7万円程度で発売されれば良いところなのではないかな、とも思います。

     といってもやはり残念な点もあるわけで、今のところ感じている残念な点として、一日に一回程度ネットワークサービス(セルラー、Wi-Fi 両方)が突然再起動する現象が発生していることと、デレステ・ミリシタプレイ時にタッチパネルが無反応となることがある、の二点あります。これらはそのうちASUSには問い合わせてみようかなと思っていますが、今後のアップデートで改善されることを期待しています。

    Fancy URLからのリダイレクト

     新しいサーバーでは前述の通り Apache2 ではなく nginx を使用するようにしてみたのですが、.htaccess が使えないことと、維持するのも少し手間だったりするので、この機会に Nucleus の Fancy URL をやめて通常の GET でのパラメーター取得に切り替えました。
     各ブログ内のデータもインポート前に文字列置換して綺麗に切り替わるようにしたのですが、さて外部からすでにリンクされているものはどうしよう、ということで、本日リダイレクト出来るように設定いたしました。
     まず前提として、このサイトを含めて自分が管理している Nucleus はすべて1システム1ブログの構成になっているので、複数パラメーターについては考慮しないことにしました。
     このような前提にしておくと非常に単純に実装でき、server ディレクティブ内で Nucleus が設置されている location にアクセスがあったら、Moved Permanently を返すだけ、となります。たとえばこのサイトの場合は以下のような感じになっています。

    location ~ ^/(archive|archives|blog|category|item)/([0-9]+) {
        return 301 $scheme://$host/index.php?$1id=$2;
    }

    AK-Rb技術部活動報告:反射の達人4

     忘れた頃に突然現れるこの手の記事、今回も需要完全無視でお届けします(笑)
     まずは11月 3日に開催されました反射の達人4にご来場およびご参加、およびUstream中継をご覧いただき本当にありがとうございます。
    反射の達人4(11/03 立川オスロー第5店)
     回を増すごとに会場に来ていただける方が増加していることもあって、Ustreamは初回大会が一番視聴者数が多いのですが、それでも常時平均50名、ユニークユーザーで414名、合計765名の方が、のべ294時間11分11秒に渡ってご覧いただきました。重ねて御礼申し上げます。
     で、なんでいきなり1から4に飛んだのかといいますと、実は大会をするたびに「100%は無理でもある程度満足できたら記事を書こう」とは思っていたのですが、結局毎回ものすごく反省事項がありまして… といってもそれを気にしていたらいつまでも記事が書けない、ということに気がついてしまいましたので、自分への戒めもかねて、今回の大会にAK-Rb技術部として関わらせていただいたことをつらつらとまとめております。

    Continue reading AK-Rb技術部活動報告:反射の達人4

    Debian 7.0にしたらProLiant Microserverのセンサー情報が取れなくなった

     当サーバーはProLiant Microserverを利用しているのですが、先日利用しているOSをDebian 7.0にバージョンアップして以降、Remote Management Cardに実装されているセンサーの情報が取れなくて気になっていました。
     しばらく仕事が忙しく手をつけられていなかったのですが、ようやく仕事が一段落したのでアレコレやってみたところ解消できましたので、次回のバージョンアップ時に苦労しないよう、自分用メモがてら残しておくことにしました。

    Continue reading Debian 7.0にしたらProLiant Microserverのセンサー情報が取れなくなった

    反射の達人 Ustream中継の裏側

     もうそろそろ落ち着いたかなというところで、5月5日に開催されました反射の達人にご来場&ご参加、並びにUstream中継をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
    反射の達人
     5/5 本放送ではユニーク視聴者数で597名もの方が、のべ512時間30分28秒に渡ってご覧いただき、最終的には1,000を超える総視聴者数をカウントいたしました。これもひとえに魅力的なコンテンツを作り上げてくださった自分以外のスタッフ、並びに参加&来場&視聴して盛り上げてくださった皆様のお力によるものだと思います。改めて御礼申し上げます。
     堅苦しい前振りは終わりとしまして、あまり期待はされていないんじゃないかなーとか思いながらも、当日ウィザウッチュNIGHT(という名前の飲み会)でお一方から「あの(Ustream中継と同じ映像を流していた)センターモニターに出していた画面ってどう作っていたの?」とご質問をいただいていたので、久しぶりにネタができたということもあり、とりとめなく書いていこうかなと思っています。

    Continue reading 反射の達人 Ustream中継の裏側

    Sandy Bridge Core i7-2600K ベンチマークとか

    20110113-Corei7-2600K.jpg 20110113-Corei7-2600K-Win7Exp.png 20110113-Corei7-2600K-CrystalMark.png

     予告通り Sandy Bridge を入手しましたので、今まで使用していた Q9650 と早速比較してみました。(画像は左から、今回購入したものの一部、Windows7 のエクスペリエンスインデックス、CrystalMark の結果となっています)
     といっても旧メインマシンと新メインマシンは、VGA カードとサウンドカード、それに電源以外はすべて入れ替えているので、単純に CPU の比較というわけではなく、現行でそこそこのマシンを組むとこんな感じ、というような視点で見ていただければと思います。
     今回も消費電力の測定には、前回同様 APC 社の UPS RS1200(http://www.apc.com/products/resource/include/techspec_index.cfm?base_sku=BR1200LCD%2DJP&total_watts=200)を、コア温度測定には HWMonitor(http://www.cpuid.com/hwmonitor.php)を使用しています。
     またベンチマークは、ベースクロック 100MHz、Turbo Boost 時の最大倍率を x45 にして計測しています。
    <旧メインマシンと新メインマシンの構成比較>
    Motherboard : ASUS BLITZ EXTREME(P35) ASUS P8P67 DELUXE(P67)
    CPU : Intel Core2Quad Q9650(3GHz) Intel Core i7-2600K(3.4GHz)
    CPU Cooler : Scythe Andy Samurai Master + ENERMAX CLUSTER UCCL12 Scythe KABUTO + ENERMAX CLUSTER UCCL12
    Memory : DDR3-1333 1GB×4 DDR3-1600 4GB×4
    SSD : Intel X25-M SSD G2 80GB(の PQI OEM 版) Crucial RealSSD C300 128GB
    HDD : Seagate ST3320613AS(320GB/7200rpm) WesternDigial WD5001AALS
    -変更されていない部分-
    Case : Antec SOLO Black
    DVD : PIONEER DVR-216
    VGA : MSI R5770 Hawk(ATI RADEON 5770)
    Sound : Ego Systems MAYA44e
    Power Supply : Seasonic SS-650KM
    ※ 各種ケースファンも変更していませんので、吸排気に関する性能は全く一緒です。
    <ベンチマーク> ※括弧内はベンチマーク実行中の最大コア温度と最大消費電力
    SuperPI 1677万桁 : 7分50秒 3分32秒(49度/114W)
    3DMark06 : 15,313 18,491(67度/207W)
    FINAL FANTASY XI : 残ってませんでした… 11081-H(54度/139W)、12264-L(54度/136W)
    MONSTER HUNTER FRONTIER ONLINE(1280×720) : 14,181 15,152(53度/181W)
    タイムリープ ぶーとべんち(デフォルト設定、フルスクリーン) : 104FPS 189FPS(56度/186W)
    A列車で行こう9 Viewer : 44.2FPS、41.0FPS、41.8FPS、37.3FPS 47.4FPS、42.3FPS、43.7FPS、39.8FPS(61度/171W)
    <アイドル時の消費電力比較>
    100W 68~76W ※あまり安定せず、ふらふらしていました
     興味深いのは、A列車で行こう9 Viewer において FPS 値が最大3 FPS 程度上がっていることです。A列車で行こう9 Viewer はほとんど CPU を使用しないベンチマーク(ベンチマーク中でもずっと 1.6GHz で稼働、起動時のデータロードが CPU にとっては一番重く、最大コア温度の61度も起動時に記録したもの)なのですが、このあたりから I/O 性能も順当に向上していることがわかります。
     またアイドル時の消費電力もかなり下がっていて、省電力性能もかなり向上しているといえるでしょう。その反面、3DMark06 実行中で 201W だったものが 207W(※) になるなど、高負荷時には多少消費電力が上がるようですが、どちらもともに瞬間的に、というレベルなので、あまり気にはしていません。
    ※ この値は CPU TEST の途中に記録したもので、それ以外はほとんど 160W 後半の値、テストによっては 180W 程度となるくらいでしたので、ゲーム系ベンチマークの結果とほぼ同じ、といえるでしょう。
     ところで Core i7-980X と比較しても Core i7-2600K は圧倒的だったりします。これはそもそも Turbo Boost 時の上限が全然違うからで、980X では 3.6GHz までしか上がらないからです。
     実際 Super PI では i7-2600K が3分32秒であるのに対して i7-980X は5分02秒でした。あくまでテストした限りの範囲ではありますが、Core i7-980X を今新たに購入するよりは、Core i7-2600 や 2600K などを購入した方が圧倒的にコストパフォーマンスがよいという結論になると思います。(後日時間があれば、定格 3.4GHz 駆動での比較も試してみたいなと…)
     というわけで噂には聞いていましたが、Sandy Bridge のポテンシャルは非常に高いことがわかりました。
     今年後半には LGA1366 の後継といわれる LGA2011 のコンシューマー向けハイエンド Sandy Bridge-E もリリースされるので、こちらも非常に期待できそうな予感です。

    au夏モデル

     ものすごく久しぶりにKスタ(http://www.kds.kddi.com/)へ行ってau夏モデルのホットモックを触ってまいりました。久しぶりだった原因は、まあ新機種発表会が毎回お葬式状態だったから他ならないのですが、ハイスペック大好き人間として初のSnapdragon搭載機が出たからには行くしかないでしょってことで、久しぶりに個人的な感想をお届けします。
     恒例の留意事項ですけれども、以下はKスタ展示機(評価機)をいじった結果の個人的な感想であって、反応速度や体感は個人個人によって異なります。ご購入の前には出来る限りホットモックを触られることをオススメします。
     さてさて期待のKCP3.0ことSnapdragon搭載機ですが、当たり前ですがソフトウェア的な違いはKCP+と皆無で、まさに謳い文句(?)通り、”Snapdragonプラットフォームへそのまま移植したKCP+”です。なので基本的に出来ることに違いはありませんが、やはりなんと言ってもとにかく「サクサク」動いていて、今までのKCP+とははっきり言って雲泥の差という状態でした。au MediaTuner を使用したときや、あらゆる切り替え時に感じていたあのもっさり感は全く無く、KCP登場当時に発売されたW21Sを彷彿とさせるサクサク感は、auユーザーが待ち望んでいたことなんじゃないかなと。
     KCP3.0を搭載した機種としてはBRAVIA Phone S004REGZA Phone T004の二機種ですが、触ってみた限りメニュー構成は一緒のように感じました。特に個人的によく使用するメモ帳(「クリア/メモ」ボタン→「メモ帳」)が相変わらず一番下なのはちょっと気になります。他のメーカーでは一番上に来るモノもあるようなので、自由に並び替え出来れば良いんですけどね…
     そのほか、現在使用しているCA001と比較して違うこととして、マルチプレイウインドウは(やっぱり)無くなっていました。確か去年の秋冬くらいから無くなっていったかと思いますが、KCP3.0機でもこれは変わらずということのようです。もちろん今後復活する可能性はありますが、個人的には今まで一回も使ったことがないので無くても良い気がします。(もちろんKCP+機と同様、ブラウザ起動中にバックグラウンドでメールを開いたりとかはできます)
     KCP3.0の二機種で比較すると、見た目ではBRAVIA Phone、操作性ではREGZA Phoneという感じだと思います。BRAVIA Phoneは見た目の統一感というかスッキリ感というか、そういったところに秀でていますが、REGZA Phoneはなんかガッカリ感漂うケータイ(特にサブ液晶周りとカメラモジュール周り)ですし、反対にBRAVIA Phoneのシートキーはものすごく押しにくいけれども、REGZA Phoneのキーは非常に押しやすい、といった感じです。(ただREGZA Phoneで、エンターキーをおしても入力されないことがあったのはバグなのかそういうキーなのか不明でした)
     この二機種から選ぶとすれば、それほど携帯を使用しない自分としてもキーの打ちやすさは外せないので、REGZA Phone T004を選ぶことになると思います。
     長くなりましたので、後はKCP+搭載機をさっくりと。
     KCP+のブラッシュアップもだいぶ頑張ってきているみたいで、現在所有しているKCP+機CA001との比較でも、待ち受けとメインメニュー間の切り替えは早くなっていたような印象です。それでもやっぱり謎の引っかかりは感じてしまうので、そこは割り切る必要があるかもしれません。基本的にはほとんど現在発売済みの端末の焼き直しに防水を足しただけ、といえばそれまでなので、実際の端末価格で差がでるかどうか、というところでしょうか。
     各機種の特徴は公式の製品ラインアップ(http://au.kddi.com/seihin/)を見ていただきたいのですが、現物を見て気になった点として、展示機のCA005はすでに液晶にキー痕がついていたことで、これはちょっといただけないなあと…
     まとめとして、Snapdragon搭載機は、自分のような今まで端末がもっさりもっさり言っていた人には朗報じゃないかと思います。機能自体はほとんどKCP+と3.0で同じなので、あとは処理性能に目を向けるか、それとも好きなメーカー/デザイン/機能のモノを選ぶ、あとは価格次第、ということで問題ないと思います。

    ついカッとなった結果

     サブマシン(ゲーム、エンコード用途機)向けにCore i7-980Xを購入しました。
    20100420-corei7-980x.jpg 20100420-win7exp_980x_r5850_64bit.jpg 20100420-3dmark06_980x_r5850.jpg
     画像は左から巨大なパッケージ、Windows7のエクスペリエンスインデックス、3DMark06の結果となっております。
     今回Core i7-980Xを購入するのに合わせて、電源ユニットも80PLUS認定品に変更したりしましたので、せっかくなので消費電力とCPU温度も比較してみました。
     なお消費電力の測定には、APC社のUPS RS1200(http://www.apc.com/products/resource/include/techspec_index.cfm?base_sku=BR1200LCD%2DJP&total_watts=200)を、CPU温度測定にはHWMonitor(http://www.cpuid.com/hwmonitor.php)を使用しています。
    <変更点>
     CPU:Core i7-920 → Core i7-980X
      ※CPUクーラーはANDY SAMURAI MASTER+MAGMA FAN 12cmで変わっていませんが、グリスをGC-EXTREMEに変えました。920で使用していたグリスは失念してしまいました…(すいません)
     電源:Scythe 鎌力4 Plug-in 650W 剛力短 Plug-in 500W → Seasonic SS-750KM 750W
      2010.05.13追記:鎌力4は80PLUS電源でしたので再確認したところ、鎌力4ではなく剛力短でした。お詫びし訂正させていただきます。申し訳ありません。
    <ベンチマーク結果>
     SuperPI 1677万桁:6分25秒 → 5分02秒
     3DMark06:14872(SM2.0:6232/HDR:6306/CPU:4612) → 16,675(SM2.0:6755/HDR:6413/CPU:7203)
    <消費電力/温度比較> (室温 20度の環境下での測定)
     アイドル時(Windows 7起動後 5分経過時点):195W 39度→ 170W 37度
     SuperPI実行時の最大:226W 54度 → 203W 47度
     3DMark実行時の最大:314W 67度 → 282W 57度
     んで、せっかくなのでさらにVGAをGeForce 9800GTX+ 55nmからRADEON 5850に変更してみたところ、
    3DMark06:21,226(SM2.0:8188/HDR:9365/CPU:7167)
    消費電力:279W ※さらにアイドル時は150W
    という大満足な結果となりました。
     もう一つの主たる使用用途であるエンコードですが、MPEG-2 TS 1440x1080iソースからDivX 640×360への変換でちょうど1時間かかっていたものが37分に、DivX 1920×1080への変換で3時間20分かかっていたものが51分(!)に短縮され、当たり前ではありますが、i7-920とは雲泥の差となりました。(値段も、920購入当時と比較しても3倍しましたしね…)
     もちろん自己満足の世界なので、だからどうした、とか、上には上が、といわれればそれまでなのですけれども、何かの参考になればと思います。

    脱サル

    20090627-s11ht_vs_iphone3gs.jpg

     ついにイーモバイルのS11HTからApple(あえてSBMと言わない^^;)のiPhone 3GSにMNPしてきました。(実は勢い余ってMacBook Proを買いそうになったのは秘密)
     とりあえず連絡先を何とかしてスマートに移行しないと…