トップ過去ログこのサイトについて
1273855

京王閣競輪観戦ツアー

[Dairy] at 2004/10/17 22:36:43. / コメント(0)
 去る10月16日、HIBIさん主催による表題のイベントに行ってきました。
 参加者(順不同)はHIBIさん(主催)、Linerさん(この日のMVP)、伽羅さん、かいものくまさん、らいでんまるさん、UPECさん、arkiaさん、Mackyさん、あきやまさん、ヒトミさん、Lworldさん、CRS-ZAPさん、凪さん、ほのてんさん、蒼月さん、はじめさん、かずさん、かつとしさん、ちゅうさん、ミチローの計20人。Linerさんの暗躍により、用意された席はなんと来賓席。入った瞬間全員眼がスポーンって感じでした。待遇も結構凄かったし…

 そんな20人ですが、競輪経験者は恐らくLinerさんのみってことで、Linerさんによる競輪解説が行われ、第一レースから順番にかけていくことに。

 最初は勝手が分からず、第一レース終了後すぐ第二レース選手紹介で慌てたりしていましたが次第に慣れ、全員超真剣に予想するように。途中こんな光景も見られたりしましたが、レース中はまさに真剣そのもの。そして例に漏れず僕も真剣ってことで、以降は箇条書きで。

・初っ端本命どおりの3-5で大体半数が当たる
・そしてほとんどの人はそれ以降けんもほろろな状態
・同姓の選手の酷い言われよう
・この日の6番連帯率ゼロ
・落車が11レース中2レースで発生(一回目の唖然っぷりと二回目の絶叫ぶりが凄かった)
・HIBIさん呪い勝ち(特に最終レース)
・回収率100%越えはUPECさんのみ
・ちゅうさん最終レースで3連単的中(65.8倍)

 特に最終レースで見た武田の加速は鳥肌モノ。そして小橋が飛ばされた時のHIBIさんの喜びようは凄かったです。(逆に絶叫もあったけど^^;) ちなみに当日のレース結果はこちら。(リンク先:競輪データプラザ)
 個人成績は、それほど大きい賭け方をしていなかったので分母が小さいものの、1Rと11Rを当てたので (990+2630)÷3900 = 95.4% の回収率でした。

 その後新宿清龍にて飲み。(参加者はarkiaさんが抜けてふじわらさんが加わりました) 去年のDDRer忘年会でも同じような光景を見かけた記憶がありますがまあそれはそれということで。
 写真は他の方のページに掲載されているようなので、ここでUPするのは控えておきます(笑) 希望があればということで…

 で、明けて一日たった今日(17日)ですが、喉が痛いです(汗) でもそれを補って余りある、楽しい一日でした。
 HIBIさん、Linerさん、参加者の皆様、競輪関係者の方々、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

福島麺の旅

[Dairy] at 2004/10/15 23:59:00. / コメント(0)
※ エントリ投稿日は意図的に旅行の日にしています

 喜多方ラーメンを食べに、会社のF先輩と福島まで行ってきました。この前の週夜勤が一緒で、そこで決定したくらいの適当っぷりなので、なんだかんだで福島を結構ぐるっと回るルートになってしまってましたが、最後まで楽しめました。

 ルートとしては那須で蕎麦を食べ、喜多方でラーメンを食べ、途中ふらふらしながら最後は東京に戻ってあぶらー亭(桜上水)で〆る、という流れだけを決めてゴー。
 F先輩の家に向かう途中の西船橋で、「誰か駅員を呼んでください」という声が聞こえたり(呼びに行って案内しただけなので、なんだったのかは謎)しつつも、特に大きなトラブル無く出発。


 のどかな風景を横目に那須の庄屋萬五郎というお店でしゃもそば(1,900円とバブリー)をいただく。濃い醤油のスープなので嫌う人も多いかと思いますが、(この後喜多方ラーメンなのにも関わらず)スープも結構いってしまいました^^;
 そしてさらに北上、喜多方ラーメンで有名なあべ食堂へ意気揚々と向かうも15分前に時間切れ。(午後3時までの営業) 大人二人がしょんぼりとしながらも入った別のラーメン屋が結構当たり(庄屋萬五郎よりもさらに濃いので、人によっては受け付けない可能性あり)で、さすが本場などと思いつつ撤収。

 帰りの道でなぜかどんどんと西へ流されつつも、渓谷の絶景を見ながら南下。途中塩原温泉(と書くと流されっぷりがよく分かるかも^^;;)で温泉に浸かり、さらに南下して再び東京へ戻ってきました。

 行き当たりばったりで行った割には(というかいつものことなんですけど)なかなか良い日帰り旅行でした。
 しかし濃い醤油2連発はさすがに考えモノだったかなー、なんて(笑)

ここ最近

[Dairy] at 2004/10/14 21:34:34. / コメント(0)
 ちょっと障害が多く、仕事が立て込んでおりまして、更新も若干おろそかになっております。すいません。

 そんな毎日なのでそれほどネタもないのですが、明日以降4日間中3日間は遊びの予定が入っていたり、その間に情報処理技術者試験があるクセに勉強を全くしていなかったりと、なんかアレなことになっておりますがまあ良いかなと(^^;

 そういえば夏休みに北海道へ行ってきた話が書いてないので週末にも書こうかと思います。

今日のMSN Messengerさん

[Dairy] at 2004/10/11 23:10:08. / コメント(0)
 メンテ後の調子がイマイチらしく、突然オンラインユーザーが少なくなったなーと思ったらこんな感じになったり。(僕の場合は30人ちょいしか登録されてないのでこんなもんですが、多い人はもっと爽快だったのではないでしょうか^^;)

 これはこれで面白かったのでまあ良し(笑)

QUINTET

[Game] at 2004/10/09 07:22:06. / コメント(0)
 QUINTETという会社をご存知でしょうか。QUINTET(株式会社クインテット)といえば、SFCのアクトレイザーやガイア幻想紀、天地創造などを製作した会社で有名ですね。
 特にアクトレイザーは個人的に大好きなゲームの一つで、最近はあまり表立った活動が無くちょっと残念なのですが、最近、ファミコンのあるゲームをクリアしたところ、この名前を再び見かけることができました。

 そのエンディングとはドラゴンスレイヤーIVのエンディングなのですが、真ん中に”QUINTET”の文字が入っているのが分かると思います。調べてみると、これはサブタイトルではなくて、ドラゴンスレイヤーIVを開発したチーム名でした。

 QUINTETとは元々日本ファルコム内にあった製作チーム名で、当時イースI、IIなどを手がけたチームです。当時はQUINTETという名前は無かったようですが、QUINTET社長である宮崎友好氏はイースI、IIのシナリオを書かれた方だったりします。(III以降のシナリオには名前が無いようなので、以降は関わっていない可能性もあります)
 その後ドラゴンスレイヤーIVや、同じシリーズであるソーサリアンなどにもかかわりましたが、1989年(平成元年)4月に、橋本昌哉氏(IIIまでのイースシリーズ、太陽の神殿などに関わっておられた方)日本ファルコムを退社し独立、QUINTETを設立されたようです。

 QUINTET処女作であるアクトレイザーは音楽に古代祐三氏(古代氏も当時ファルコムから離れてフリーで活動していた)を起用したことで当時話題になりましたが、古代氏とのお付き合いはイースシリーズからということになるわけで、なんとなく納得してしまいました。^^;

 ちなみに古代氏もその後、株式会社エインシャントを設立、今でもファルコムの曲(最近ではツヴァイやイースVIなど)を手がけられているようです。


 そんなQUINTETですが、1999年12月23日以降、自社開発ソフトは無くなってしまい、その後他社のゲームの製作を請け負ったり等していたようですが、ホームページの更新も止まり、現在では活動されているかどうかも不明な状態となっており、ちょっと残念です。
 ただ、スクウェア・エニックス名義でアクトレイザーが携帯アプリで復活している(Copyright表記が2003 QUINTETとなっている)ことから、今後に期待できる「かも」しれませんね。

NintendoDS

[Game] at 2004/10/08 05:25:31. / コメント(0)
 任天堂のDSページもようやく充実したようなのでそろそろ触れてみようかなあなんて。

 ゲームボーイアドバンス(SP含む)はARM7とZ80(旧ゲームボーイ/ゲームボーイカラーで使用していたCPU。GBAでGB/GBCのゲームをプレイするために搭載)の2CPUを載せていましたが、今回はARM9とARM7の2CPU構成。ARM7がGBAソフト専用に動作するのかどうかは分かりませんが、バッテリー駆動時間の関係上、両方のCPUを使うのは難しそうですね。スペックも圧倒的にARM9のほうが上ですし。
 ちょっと話が脇道にそれますが(しかもちょっとマニアック)、ARM9は組み込み用CPUとしてはメジャーで、たとえばauのW21シリーズや、ネットワークルータなどにも搭載されていたりします。
 同様の分野でIntelのXScaleというCPUがありますが、これはARM社が開発したARMアーキテクチャをベースにIntelが改良したものです。

 GPUは明らかになっていませんが、見る限りNINTENDO 64をベースに、低解像度(256×192)向けに改良されたものではないかと思われます。開発のし易さ(=コストに関係)という面では、PSPよりも上かもしれませんが、如何せん当時開発が難しいと酷評されたNINTENDO 64なだけになんともいえません(汗)(「新開発」と謳っていますし、さすがにそれくらいは考慮していると思いますけれども…)

 SPUは16チャネル ADPCM/PCM(うち最大8チャネルまでPSGに設定可能)と、GBAの6チャネル(GB/GBC互換チャネルが4つ、GBA拡張チャネルが2つ)に比べて大幅に増えています。

 PSPまではいかないまでも、携帯ゲーム専用機としてはかなりパワフルな仕様であることは間違いないでしょう。後はGBAのようにサードパーティーから魅力的なゲームが出てくれれば、ということでしょうか。

※ 参考資料
 Console Database

最高齢DDRer

[Game] at 2004/10/08 03:05:58. / コメント(0)
 伽羅さんのところに、最高齢DDRerのぽらん6さんを取材するので写真が無いか、という旨のメールが届いたようです。
 僕は全くかかわりあいが無い(見たことがあるだけ)なのでご協力できることは無いのですが、協力できそうな方は協力してみると面白いのではないでしょうか。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 | 43 | 44 || Next»

ナビゲーションバー