【低リスク】Android 8.0のHTC U11、HTC U12+でデレステの音ズレをなんとかする

 またかよ、という感じですが、前回に引き続いてHTC U12+を入手しましたので、その検証結果がてら記載します。
 正式かどうかは分からないのですが、デレステ 3.9.1くらいからAndroid 8.0に対応しつつあるようで、18:9などの横長画面に対応するようになりました。しかし一方でHTC U11やU12+では相変わらずタップ音がONに設定されていると、曲とノーツが徐々にズレる現象が発生することは変わっていません。
 U12+でも前回記載したものと同じ手法が利用できるのですが、今回はゼロではないものの、比較的低リスクな手法となります。タイトルにもあるように、こちらの方法はU11でも利用可能です。


【注意事項:必ずお読み下さい!】

  • ・低リスクな手法ですが、ゼロではありません。
  • ・この作業を実施したことにより発生したいかなる事象や問題も、当方では責任を負いかねます。ご自身の責任で実施いただけますようお願いいたします。
  • ・作業に関するご質問などはお受けいたしかねます。もちろんHTC様、バンダイナムコ様、Cygames様でもサポートはされておりませんので、お問い合わせはご遠慮下さい。
  • ・adbからアンインストールを実施した場合と異なり、設定メニューに(使用できないはずの)USB-Cハイレゾイヤフォンの項目が残ります。パーソナルオーディオプロファイルが登録されている場合には有効・無効のトグルボタンが表示され、あたかも有効・無効が切り替えられるように、また動作しているように表示されてしまいますが、実際には効果が得られなくなります。


作業手順:

  1. 設定メニューから「アプリと通知」をタップします。
  2. 「アプリ情報」をタップします。
  3. 画面右上にあるサブメニューボタン(「…」を縦にしたもの)をタップし、「システムの表示」をタップします。
  4. 下の方へスクロールさせ、HTC USonicをタップします。
  5. 「無効にする」をタップして、「アプリを無効にしますか?」と尋ねられたら「OK」をタップします。
  6. 電源ボタンを長押しして「再起動」をタップし、端末を再起動させます。これで作業は終了です。


 今回購入したHTC U12+では、作業実施前のタイミング調整結果は23で、やはり効果音がなんとなくサラウンド効果のようなものを適用した感じの音になっていましたが、adbでアンインストールしたとき同様、作業実施後は18、音とノーツがズレること無く快適に楽しめるようになりました。
 元に戻したいときは、「無効にする」となっているボタンが「有効にする」に変わっていますので、「有効にする」をタップするだけで元通りになります。無効にするときと異なり、再起動は必要ありません。再び無効にする場合は無効にした後に再起動すればOKです。
 なお本題とは関係ありませんが、デフォルトの状態では画面解像度がQHD+(2880×1440)となっています。この状態でデレステなどを遊んでいると、液晶が熱を持ち、バッテリーも結構なスピードで減っていきますので、やはりフォアグラウンドオプティマイザを適用し、画面解像度をFHD+(2160×1080)に下げた方が良いでしょう。

“【低リスク】Android 8.0のHTC U11、HTC U12+でデレステの音ズレをなんとかする” に対するコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。