GeForce 8800GT導入

 しばらく仕事が忙しかったため、また悪い癖が…
 というのは大体半分くらい嘘で、先月頭くらいに、元々8600GTSを購入する予定だったのです。ところがどうやら8800GTという新しいモデルが出るらしいということで見送っていました。で、先週発売になったのはなったのですが、性能の良さに比例して非常に(発熱量が)”熱い”らしいと聞いていたこともあり、少し様子を見ようかなあ、と思っていたところにヨドで玄人志向(中身はSparkle製)のGeForce 8800GT搭載品を見つけてしまったのでついふらっと。
※ちなみに僕はATiのドライバとの相性が良くないみたいなので、GeForce 2くらいからNVIDIA一択です。
 早速8800GTに変更してLOST PLANET体験版(http://www.capcom.co.jp/pc/lostplanet/trial/)をデフォルト設定から解像度をWUXGA(1920×1200)に変更しただけの設定に変更してテストしたところ、平均でSnow 6fps/Cave 9fps程度だったものが、平均31fps/44fpsまで、デフォルト設定(1280×720)なら平均71fps/74.3fps(7900GSでは22fps/34fps程度)と、かなりの上昇となりました。

20071104-GeForce8800GT_withRetail__LostPlanet.png 20071104-GeForce8800GT_withNoRetail__LostPlanet.png

 ところで噂の発熱ですが、やはり我が家でもLOST PLANET実行時でコア温度が最高88度(画像1枚目/RivaTunerにて測定)となり、かなり熱い状態でした。それなりに安定していればこのままでも…とも思いましたが、これからの季節は問題ないのですが、夏場は少し不安だったので、hermitage akihabara(http://www.gdm.or.jp/)の記事を参考に、ファンをarctic coolingのZAV02-NV5に換装してみたところ、最高で63度(画像二枚目)と、リテールファン比較でマイナス25度の差となりました。(※その後数回ベンチマークを流してみましたが、それでも最高で68度でした)
 そもそもアイドル状態でもリテールファンでは60度と比較的高め(換装後は50度程度)だったので、リテールファンではやはり厳しいのかもしれません。
 それと騒音についてですが、リテールファンでもそれなりに静かでした。またファンコントロールは、8600GTではWindows上でドライバがロードされるまでファンが全力で回り続けていましたが、8800GTでは(というかSparkleのリテール製品では)電源投入直後のVGA BIOSの処理が終わった時点でファンコントロールが開始されるようになりました。何で最初からそうしなかったのやら…
 これくらいのパフォーマンスなのにもかかわらず、値段は3万円台半ばと、非常にコストパフォーマンスの良い製品だと思います。今後はリテールファンではなく、オリジナルファン搭載製品も増えてくるものと思われますので、メーカー保証を水の泡にする(=換装する)勇気がちょっと…という方は、もうしばらく待ってみると良いのではないでしょうか。
 温度問題が解決するとすれば、唯一の欠点となるのはカードサイズが長いことでしょうか。ソルダムのMT1300 PROというミドルタワーケースではギリギリ収まっているレベルなので、MicroATXくらいのケースでは少し厳しそうです。
 また8800GTと同じ世代のGPUチップを採用した製品が今後もどんどん出てくるようなので、標準的なカードサイズの製品でもメリットを受けられるやもしれません。

方針を変えてみよう

20070912-loox_u_with_bt.jpg

 いつもこのblogを書くのには、(そうは見えないかもしれないですが)書こうか書くまいか悩んでいたりするのですが、結局どうでも良いような内容で月一回更新されるよりは、割とリアルタイムに書いた方が良いのかなあ、と思えるようになりまして。
 そんなわけで、元はニュース纏め系サイトであったここも、所謂blogっぽいblogになるのではないかなあと思います。
 で、一発目は、VAIO TypeUXを手放してFMV LOOX Uを入手した話でも…(笑)
 どうしてもやっぱりあの壊滅的に打ちにくいキーボードが許せなくて、でも工人舎のPC(http://www.kohjinsha.com/models/sh/lineupsh.html)は少し大きいよなあ、と思っていたところに、FMV LOOX U(http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0709/biblo_loox/lu/index.html?fmwfrom=fmv_publicity)が店頭販売を開始したので、ふらっと行ってしまいました(^^; (ちなみに買値-売却値はほぼトントンくらいでした。イーモバ割引を使えばもっと得できたかも)
 自宅環境では二台目のVistaマシンですが、まだあまりまともに使っていないせいか、今のところ困ってはいないようです。ただ、ネット上の情報によるとカスタマイズしないと使えない重さ(特にWindows Media Playerが)のようなので、少しずついじくっていこうかなあ、と思っているものの時間がないというかなんというか…
 写真はFMV LOOX Uに世界最小Bluetoothアダプタである、プリンストンテクノロジーのPTM-UBT3Sを装着したものです。最初からBTを内蔵したアスキーコラボモデルを買えば良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、納期未定になっていたり、150台限定だったりと少し不安だったので妥協してしまいました。
 というわけで今後はこんな細かい内容で、せめて週一回程度には更新頻度を上げられればなあ、と思っております。ハイ。

現在のデスクトップ

20060713-mydesk.jpg

 といってもPCのじゃなくて、本当のデスクの、ですけれども。
 某氏に「おまえの家は何か発射できるよ」とか言われたりしてたのですが、多分世の中のもっと凄い人に比べたら…ねえ。
 そしてしわ寄せはデスクの下に。

Vista

 Beta2が一般公開されたので、早速ダウンロード&インストールしてみました。
 インストール直後が一番重い(XPと同じ)ので、とりあえず画面効果を切ったり(ただしテストにつき、テーマは元のVistaのまま)、スタートメニューをクラシック表示に戻したりなどなどをした状態で、起動直後のメモリ使用量が450MB、今現在(IE+Windows Messenger+WMP)で780MBとかになるので、XPでは問題がなかったメモリ1GBでスワップなし設定は、Vista Ultimateでは厳しそうです。(クラシック表示なら大丈夫かも?)
 でもメモリ消費量が上がった分、見た目は無駄にカッコよくなってますね。今のところ異常終了もないので、結構安定しているのではないでしょうか。ドライバも随分出てきたので、試してみる価値はあるかと思います。
 動作速度については、使ってるマシンがAthlon64 X2 3800+なので困ることはないです。PenM 1.86上で動作しているVMwareでもそこそこの速度だったので、画面効果OFFにすれば、XPが動作しているPCなら十分でしょう。
 またゲームも、一部ウィンドウサイズがちょっと小さくなってしまうものもあるようですが、基本的に問題なさそうです。といっても派手な3Dゲームはまだなので、CODとか試してみようかなと。
 ところでVistaで一番気になっているのは、閉じるボタンの判定が微妙なところだったりします。これは早く直してくれないかなあ…

蘇るシリーズ第三弾

20060313-lopc8801.jpg

 ということで先週末、蘇るPC-8801伝説(http://www.ascii.co.jp/ant/pc8801/)の先行販売が行われていたので購入してまいりました。
 内容は期待通りの出来で、特にベーマガ世代にはニヤリと出来るのではないでしょうか。もちろんベーマガ世代でなくても楽しめますし、資料的価値も十分あります。
 ベーマガ大全集とか出してくれないかなあ…

VAIO type S SZ TIPS

 細かいネタですが、クリーンインストールを試してみたのでその最中に気がついたことを。
※クリーンインストールの手順自体はtype SZ Wikiに掲載されています。当然この状態ではメーカー保証はありませんので要注意。
●輝度調節が効かない
 Fn+ファンクションキーのようなショートカットを使用するためには、VAIO Event Serviceが必要です。
 ちなみにこのセットアップで、インストールするコンポーネントを選択する際Soundにチェックを外すと、輝度調節するたびに鳴っていた音が鳴らなくなります。(セットアップ後・プリインストール時でも、プログラムの追加と削除から「VAIO Event Service」の「変更と削除」で、「変更」を選択すれば音を消すことが出来ます)
●SDカードスロットが無いのにドライブが表示される
 リカバリユーティリティを使用すると、このドライブ自体が出てこないので、infファイルがCDに収録されているモノと異なっているのかもしれません。
 マイコンピュータを右クリック→管理→ディスクの管理 で表示されるSDスロット(デフォルトだとディスク2・Gドライブのはず)を右クリック→ドライブ文字とパスの変更→削除 でドライブを消去できます。
●USB ルート ハブに!記号がついており、USB機器を認識しない
 デバイスマネージャからすべてのUSB ルート ハブを削除(要らないかも)、「ハードウェア変更のスキャン」を実行すると、先ほど削除されたものが再認識されるので、その後システムリカバリCDをセットしてドライバを自動検索させれば認識されます。
 僕も二回くらいクリーンインストールしたのですが、coregaのドライバでコケるのは変わらなかったので、結局もう一度リカバリユーティリティを使用して元に戻してしまいました^^;

勢い その2

null

 給料日直後だというのに物を買いすぎですね(汗)
 先日のPSPを除いては計画的購入なので大丈夫ではありますけれども。
 以下簡単にレビューをば。
・CAまでは行かなくても、かなり快適です。MSM6550効果でしょうか。(採用されているかどうかはわかりませんが、W32SがMSM6550だったので、多分今回も同じでしょう)
・ジョグでなくてもスクロールが早いので、逆に押しっぱなしに出来る十字キーのほうが使いやすく感じます。
・着せ替えメニューは、表示されるのにほんの少し間があります。期待していたSolidBlackもアニメーションしてから表示されるので、もうちょっとシンプルな着せ替えメニューを出して欲しいところです。(メニュー周りが早くなれば、体感速度はW41CAとかと同等レベルになるかもしれません)
・ボタン周りは、打ちにくくもなく打ちやすくもなく、普通という印象。
・画面は2.2インチと、現在の主流である2.4インチよりは小さく、たしかに小さく見えますが、実際問題それほど困りません。逆に端末が小さくなっているので、納まりは良いように思えます。
・スピーカーはちょっとこもっているように聞こえるのは残念。
・au MusicPort(かMusicPlayer)は、今日既にVer.1.0から1.04にアップデートされていますが、まだ不具合があるみたいで、アルバム名で選択しても、正しくPlayer側で認識されず、滅茶苦茶になってしまいます。現時点では、アルバムごとにプレイリストを作成することで回避可能です。
・音質は…いくらHE-AACとはいえ、48kbpsではちょっと厳しいです。特に高音のカスレ具合とかはきついですね。イヤホンを変えるとちょっとマシにはなるものの、それでもほんのちょっとだけなので、今後のアップデートでせめて倍のビットレートをサポートしてほしいところです。
・カメラは携帯としては普通、というところじゃないでしょうか。(最大解像度・ファイン画質最大解像度・マクロ撮影
 とりあえずたかだか8時間程度使ってみたところの感想ですが、メニュー周りだけ少し不満なものの、W31Tと比較してかなり高速に感じるので、個人的には満足な端末です。
 あとはau MusicPortが今一歩、というところでしょうか。

春のアレ

 ふらっとKDDI DESIGNING STUDIOに行って、W41シリーズを各端末1~2分程度さっくりと触ってみました。
 本当はもっと触っていようかと思ったのですが、平日の午前中ということもあってかあまりに人がおらず、ずーっと弄くってるのもなんとなく気恥ずかしくなってしまい、さっと出てきてしまいました(汗)
 単なる感想ではありますが、neonとW41SA以外は触ってきましたので簡単にまとめてみました。
 ちなみにカメラの性能は気にしてないので、こちらは全く見ておらず、メール画面はロックがかかっていて触れないので不明です。(EZWebとPCSV接続、アプリは触れます)
※ご注意:携帯の使用感覚は、人によってかなり差が出る上に好みもあります。最終的な判断基準は、実際にホットモックを触って、ご自身で決められるのが良いでしょう。

Continue reading 春のアレ

WPCEXPO 2005

20051028-WPCE2005_01.jpg

 休日出勤の代休で金曜日が休みだったので、せっかくだから、と行ってまいりました。
 混みはじめる前にさっと行ってさっと帰ってきたので、それほどじっくりと見て回って…というワケではないのですが、各ブースで個人的に気になるものをまとめてみたいと思います。

Continue reading WPCEXPO 2005