QUINTET

 QUINTETという会社をご存知でしょうか。QUINTET(株式会社クインテット)といえば、SFCのアクトレイザーやガイア幻想紀、天地創造などを製作した会社で有名ですね。
 特にアクトレイザーは個人的に大好きなゲームの一つで、最近はあまり表立った活動が無くちょっと残念なのですが、最近、ファミコンのあるゲームをクリアしたところ、この名前を再び見かけることができました。
 そのエンディングとはドラゴンスレイヤーIVのエンディングなのですが、真ん中に”QUINTET”の文字が入っているのが分かると思います。調べてみると、これはサブタイトルではなくて、ドラゴンスレイヤーIVを開発したチーム名でした。
 QUINTETとは元々日本ファルコム内にあった製作チーム名で、当時イースI、IIなどを手がけたチームです。当時はQUINTETという名前は無かったようですが、QUINTET社長である宮崎友好氏はイースI、IIのシナリオを書かれた方だったりします。(III以降のシナリオには名前が無いようなので、以降は関わっていない可能性もあります)
 その後ドラゴンスレイヤーIVや、同じシリーズであるソーサリアンなどにもかかわりましたが、1989年(平成元年)4月に、橋本昌哉氏(IIIまでのイースシリーズ、太陽の神殿などに関わっておられた方)日本ファルコムを退社し独立、QUINTETを設立されたようです。
 QUINTET処女作であるアクトレイザーは音楽に古代祐三氏(古代氏も当時ファルコムから離れてフリーで活動していた)を起用したことで当時話題になりましたが、古代氏とのお付き合いはイースシリーズからということになるわけで、なんとなく納得してしまいました。^^;
 ちなみに古代氏もその後、株式会社エインシャントを設立、今でもファルコムの曲(最近ではツヴァイやイースVIなど)を手がけられているようです。
 そんなQUINTETですが、1999年12月23日以降、自社開発ソフトは無くなってしまい、その後他社のゲームの製作を請け負ったり等していたようですが、ホームページの更新も止まり、現在では活動されているかどうかも不明な状態となっており、ちょっと残念です。
 ただ、スクウェア・エニックス名義でアクトレイザーが携帯アプリで復活している(Copyright表記が2003 QUINTETとなっている)ことから、今後に期待できる「かも」しれませんね。

NintendoDS

 任天堂のDSページもようやく充実したようなのでそろそろ触れてみようかなあなんて。
 ゲームボーイアドバンス(SP含む)はARM7とZ80(旧ゲームボーイ/ゲームボーイカラーで使用していたCPU。GBAでGB/GBCのゲームをプレイするために搭載)の2CPUを載せていましたが、今回はARM9とARM7の2CPU構成。ARM7がGBAソフト専用に動作するのかどうかは分かりませんが、バッテリー駆動時間の関係上、両方のCPUを使うのは難しそうですね。スペックも圧倒的にARM9のほうが上ですし。
 ちょっと話が脇道にそれますが(しかもちょっとマニアック)、ARM9は組み込み用CPUとしてはメジャーで、たとえばauのW21シリーズや、ネットワークルータなどにも搭載されていたりします。
 同様の分野でIntelのXScaleというCPUがありますが、これはARM社が開発したARMアーキテクチャをベースにIntelが改良したものです。
 GPUは明らかになっていませんが、見る限りNINTENDO 64をベースに、低解像度(256×192)向けに改良されたものではないかと思われます。開発のし易さ(=コストに関係)という面では、PSPよりも上かもしれませんが、如何せん当時開発が難しいと酷評されたNINTENDO 64なだけになんともいえません(汗)(「新開発」と謳っていますし、さすがにそれくらいは考慮していると思いますけれども…)
 SPUは16チャネル ADPCM/PCM(うち最大8チャネルまでPSGに設定可能)と、GBAの6チャネル(GB/GBC互換チャネルが4つ、GBA拡張チャネルが2つ)に比べて大幅に増えています。
 PSPまではいかないまでも、携帯ゲーム専用機としてはかなりパワフルな仕様であることは間違いないでしょう。後はGBAのようにサードパーティーから魅力的なゲームが出てくれれば、ということでしょうか。
※ 参考資料
 Console Database

最高齢DDRer

 伽羅さんのところに、最高齢DDRerのぽらん6さんを取材するので写真が無いか、という旨のメールが届いたようです。
 僕は全くかかわりあいが無い(見たことがあるだけ)なのでご協力できることは無いのですが、協力できそうな方は協力してみると面白いのではないでしょうか。

続:Nucleus 3.1+Sleipnir

 先日この組み合わせの仲が悪いという話を書きましたが、どうもJavaScript Toolbarが悪さをしていたようです。
 タグを手打ちしているのであれば、管理メニューのグローバル設定から「Javascript Toolbar Style」をDisable Toolbarにすることで、Sleipnirが落ちなくなるようです。
 ただ、これをDisableにすると画像のアップロードが面倒くさくなってしまうので、時間のあるときにでもソースを覗いてみようかなと思ったり思わなかったり。

DOOM3をやってみた

20041006-doom3-title.jpg

 英語版ではありますが、プレイアブルデモが公開されていたのでやってみました。
 FPSにはリアル系、非リアル系とあって、DOOM3はどちらかというと非リアル系になります。(リアル系にはRainbow Sixをはじめ、CALL OF DUTYやMEDAL OF HONORなども含まれるでしょう)
 ゲーム画面はやはり暗いですが、とにかく綺麗。テクスチャの細かい書き込みや人物の顔の動きなど、それなりのスペックを要求するゲームだけあって素晴らしいです。
 英語なので細かい会話の内容は分かりませんが、指示に従って話を進めていくと、突然敵が出現して、それまで人だったモノがゾンビになり、主人公を襲ってくるようになるのですが、最近欧米に輸出されている、日本発ホラーゲームの影響を強く受けているのか、驚かせ方もバイオハザードっぽくなっています。
 DOOM3は、じっくり腰を据えて楽しむFPSとして正統に進化を遂げていると思います。逆にバカみたいにハデなFPSが大好きな方はUnreal Tournamentシリーズがオススメです。

Nucleus 3.1+Sleipnir

 この組み合わせはちょっと仲が悪いようで、エントリの送信後Sleipnirが落ちることがよくあります。(Nucleus側の問題)
(しかし送信して次のページを表示しようとしたところで落ちるので、投稿は完了されています)
 しかしながらエントリの編集中、別の管理サイトにログインしてしまうと、エントリ投稿後に一旦ログイン画面に戻り、確認完了後にエントリが投稿され、反映される仕組みになっています。
 やってしまいました…(泣)

このサイトのシステムのお話

 このサイトの左下にも表示されているとおり、ARGAS.NETではNucleus(ニュークリアス)というコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を使用して構築しています。
 Nucleus単体では、エントリを登録したり編集したりするくらいの機能しかありませんが、プラグインを登録することで、トラックバックや各種付加機能を追加できます。
 で、そのコンセプトが個人的にツボでして、本ARGAS.NETのほかにも鼻。でも使用させていただいています。
 よく使用されているMovableTypeはPerlで動作する、HTML生成型(静的なタイプ)ですが、NucleusはPHP+データベースシステムで動作する、HTML非生成型(動的なタイプ)です。それぞれに一長一短があるので、万人にこれがお勧めというわけでは無いので注意が必要です。
 この[Nucleus]というカテゴリでは、構築や運営で躓いた細かい話をメインに紹介していこうと思っています。
 とりあえず一発目は紹介だけということで。

ホイミにこだわりを持つ男

 ドラクエの回復魔法といえばホイミですが、ホイミにこだわりを持つ方が居ます。それは中野さんなんですが、以前のエントリでホイミに対する熱い思いが語られていました。
 で今日の昼頃メッセンジャーで話をしているとき、ふと海外版ドラクエ(DRAGON WARRIOR)でもホイミはホイミなんだろうか、という話になりまして。その文章がまとめられてエントリとして登録されていましたので紹介しておきます。
 それにしてもパルプンテはChanceですか…

3DMark05

 毎年恒例の激重ベンチマークテストこと3DMark05リリースされたので早速試してみました。
 環境はこんな感じ。
CPU : Pentium4 2.8GHz(Non HT)
メモリ : 1024MB (512MB-400MHz*2 – Dual Channel Mode)
チップセット : i865G
VGA : GeForce FX 5900
 で結果
 …なめてんのかというスコアしか出ません。FPSは常時3~5程度だし。
 まあ来年の最高スペックを想定したベンチマークだからそんなもんなんでしょうけど、例年よりFPSがあまりにも低いのでなんだかなー、と…
=========
9:20 追記
=========
 3.2GHz(HT)+i925X+RADEON X600 XTの組み合わせでもFPS値はあまり変わらないという情報が。(3DMark値は400くらい上みたいですが…)

ポインタ

 じくうさんのページでポインタに混乱している様子が書かれていたので便乗触発されてポインタについて書いてみようとか思ったり思わなかったり。
 よく他人に対して説明するとき、「どこそこに書いておいたから見といてー」というような言い方をしたことがありませんか?ポインタとは、まさしくこのような使われ方をします。
 例によって大雑把にまとめてみました。

Continue reading ポインタ